前回の記事はこちら

勉強上手な人って何がちがうの?

 

こどもにこんな質問をされたら、どうしますか?

「勉強が上手な人はなにがちがうの?」
「どうやったら勉強が上手になるの?」

お子さんとこうした話をするのは、「勉強しなさい」「宿題やったの?」と話すよりも数万倍価値があるのではないでしょうか。

小学校の低学年でも、こうした抽象的な話は通じます。

ただし、具体例、たとえ話をまじえないとさっぱり意味不明。

お子さんの興味のあるものに例えてお話をすると理解度1万倍になります。

サッカーしてる子なら

「サッカーが上手な人はなにがちがうの?」
「どうやったらサッカーが上手になるの?」

と質問をすり替えてあげるだけ。

ピアノでもいいし、絵でもいいし、なんでもいいんです。

そうして、答えるのではなく問いかけてみてください。

「お父さん、お母さん、先生は答えを知っているわけではない。」

「キミはどう思うの?」

「キミの考えを聞きたいんだ」

そういう態度・メッセージを伝えることはとっても大事です。

オトナが、

こどもである自分を

・1人の人間として対等に見てくれてる、

・尊重してくれている、

・自分の考えに興味を持ってくれている。

こどもが大人と接して、本気でそのようにリスペクトされていると感じられることは、ものすごく大きな意味があります。

自己重要感とか自尊心とか自己肯定感とか、似たような言葉が色々ありますが、その土台として、幼少期のこうした体験の積み重ねが大きく影響してくるはずです。

そうして会話の中からどんどん引き出してあげましょう。

授業ではこんな感じでした。(つづく)

 

勉強上手な人って何がちがうの?3

投稿者プロフィール

のぶ先生
のぶ先生
Bingo! Soroban School 責任者
そろばん教室でこどもたちと接するのが楽しくてたまりません。
自信を持って新しいことにどんどんチャレンジする子が一人でも多くなってほしいと願っています。
中学受験専門塾、中学高校受験塾の講師として15年あまりこどもたちに接したのち、紆余曲折を経て2013年ASOBO!、2016年そろばん教室を立ち上げる。2019年いしど式に加盟、全国珠算連盟認定教師。